[PR]

 プロバスケットボール・Bリーグ3部(B3)の東京八王子ビートレインズを運営するTHTマネジメントの和田尚之社長が24日、本拠を置く東京都八王子市内で、資金繰りの悪化から債務超過に陥っている状況を明らかにした。前日のBリーグ理事会で、準加盟クラブとしての資格が「失格」とされている。

 5月までの今季の残り30試合は予定通り行う方針だが、B2復帰には、準加盟クラブの資格を取り直した上でB2ラインセンスを取らなければならず、目標の来季のB2復帰は絶望的になった。

 和田社長によると、B2で戦った昨季、負傷者が相次いだため、補充の選手らと契約を結び、人件費が膨らんだ。昨年9月からの今季はB3に転落して観客が減り、新規のスポンサー獲得も難航。10月ごろから、選手やスタッフの給料、会場運営費の支払いに遅れが出ているという。

 失格の理由について、Bリーグ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら