写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 政府の地震調査研究推進本部は24日、南海トラフ地震による津波が今後30年以内に沿岸を襲う確率を初めて発表した。影響を受ける352市区町村ごとに、3段階の高さについて算出。木造家屋を押し流す3メートル以上の津波は、非常に高い確率(26%以上)で静岡県伊豆地方から九州東部にかけて押し寄せるとしている。

 発表されたのは「確率論的津波評価」。2012年に発表された南海トラフ地震による最大級の津波想定と違って、最大級には至らないものの発生頻度が比較的高い津波のリスクを示すのが狙い。

 過去約700年間に南海トラフ周辺で起きた地震をもとに、震源域や、プレート境界のずれる領域などを変えた約35万通りの津波をコンピューター上で予測。その結果から、①3メートル以上②5メートル以上③10メートル以上の津波が30年以内に来る確率を、それぞれ市区町村別にはじき出した。確率は、26%以上(非常に高い)▽6~26%(高い)▽6%未満の3段階で示した。

 3メートル以上の津波は、静岡県の伊豆地方や中部電力浜岡原発のある御前崎市付近のほか、和歌山県、高知県の大部分、三重県、徳島県の南東岸、大分県、宮崎県の一部など計71市区町村で「26%以上」になった。三重県や高知県の一部は、10メートル以上の津波も「6~26%」と高かった。

 地震本部によると、「30年以内に26%以上」は100年に1度程度、「6~26%」は100~500年に1度程度にあたる確率の高さ。3メートル以上の津波は大津波警報の発表基準に相当し木造家屋の多くを壊す。5メートル以上になると全壊が急増する。人間は30センチの津波で身動きがとれなくなり、1メートルだと多くが流されて亡くなるとされる。

 市区町村別の確率は、地震本部…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

980円で月300本まで2種類の会員記事を読めるシンプルコースのお申し込みはこちら