[PR]

 京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件をめぐり、ネット上の情報をまとめたサイトが虚偽の情報を掲載・拡散したとして、NHKは24日、サイトの編集長を相手取り、損害賠償など700万円と同サイトでの謝罪広告の掲載を求める訴訟を東京地裁に起こした。いわゆる「まとめサイト」を相手にNHKが訴訟を起こすのは初めてだという。

 NHKによると、問題のサイトは「LH MAGAZINE」。昨年7月の事件発生後まもなく、NHKのディレクターが容疑者の遺留品を回収しているかのように加工されたNHKニュース映像の画像を掲載し、「なんで警察が来る前に勝手に回収してんだよ」「NHK共犯説唱えられても仕方ないぞ」などの投稿を引用し拡散。NHKは「報道機関としての信頼が著しく傷つけられ、社会的評価を低下させた」などとして提訴した。

 NHKにまつわる虚偽の書き込みは他にもあったが、同サイトはアフィリエイト広告で収入を得ているとみられ、「まとめサイトを運営することで利益をあげていること」も提訴理由の一つとした。

 NHKは昨年12月、まとめサ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら