[PR]

 日本水泳連盟は24日、周囲へのハラスメント行為をした設楽義信常務理事(60)を理事に降格させる処分を発表した。競技力向上コーチ委員長から委員に降格。設楽氏からは全ての役職に関する辞表が提出され、受理した。

 日本水連は被害者の意向やプライバシー保護を理由に、ハラスメント行為の詳細を明らかにしていない。水連によると、昨年12月に問題発覚後、第三者委員会を設置して関係者を調査した。