[PR]

 2年ぶりの選抜大会出場決定の知らせを受けると、大阪桐蔭の選手たちは「甲子園に行くぞ!」と大きな声を上げて喜んだ。

 前回出場した2018年は、史上初となる2度目の春夏連覇を成し遂げた年。昨年、甲子園に行けなかった3年生が率先して打撃投手を務め、新チームをバックアップしてきた。主将の薮井は「どうしたら日本一になれるかを考え、しんどい練習をしてきた。先輩たちに恩返ししたい」。

 昨秋の大阪大会は決勝で履正社を破って優勝したが、近畿大会の決勝で天理(奈良)に敗れ、明治神宮大会に出られなかった。西谷監督は「まだまだ力は足りない」としつつも「大きな可能性を持ったチーム。実戦力をどれだけつけられるかが大事になる」と話した。