拡大する写真・図版破談 フロントライン

[PR]

 1強政治をよしとしない民意の「受け皿」をつくる野党の試みが頓挫した。その判断の背景に何があったのか。

 通常国会が始まった1月20日昼、国会内。立憲民主党の枝野幸男代表は、コンビニで買ったラーメンをすすりながら周りにつぶやいた。「決められないまま、ずるずるやるのは最悪だ」。国会召集前の合流実現を訴えてきた枝野氏は、協議に延長戦はないとの考えを明確にした。

 翌21日午後、立憲の福山哲郎、国民民主党の平野博文の両幹事長が国会内で会談した。党内論議がまとまらない国民の平野氏は継続協議を求めたが、福山氏はこれを拒否。会談後、福山氏は記者団に「とても残念だ」と言葉を詰まらせた。

 枝野氏が国民などに政党合流を呼びかけたのは、臨時国会最終盤の昨年12月6日。国民の玉木雄一郎代表や社民党の又市征治党首らと会談し、「より強力に安倍政権と対峙(たいじ)し、まっとうな政治を取り戻す。ともに戦っていただきたい」と求めた。

 党勢に陰りが見えた昨夏の参院選を経て、立憲は秋からの臨時国会で国民などと統一会派を結成。安倍晋三首相主催の「桜を見る会」の疑惑追及などで行政監視の成果をみせた。その実績を合流につなげ、次の衆院選で政権選択の構図に持ち込む。野党結集の呼びかけには、そんな狙いがあった。

枝野氏は「みんな合流で決まりだと思っていた。一人を除いて」と後に振り返りました。両党合流「破談」の裏舞台は。

 立憲、国民の協議は幹事長間で…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く

無料会員に登録いただくと続きをお読みいただけます。すでに無料会員の方はログインして続きをお読みください。

無料会員の方に有料会員限定記事を無料公開しています。 ※一部記事を除く