[PR]

 中国・武漢市で発生した新型肺炎の感染が広がっていることを受け、日本航空と全日空は24日から、日中両国を結ぶすべての旅客便の客室乗務員にマスクをつけさせることにした。

 日本航空は、日本への直行便のある中国の空港でも、地上職員がマスクをつけて対応している。同社では今後、中国からの直行便がある国内の空港でも、職員にマスクを着用させることを検討しているという。