[PR]

 バスケットボールB1の三遠ネオフェニックスに特別指定選手で加入した福岡第一高3年のポインドガード、河村勇輝(18)が24日、愛知県豊橋市で入団会見をした。低迷するチームに加わる高校ナンバーワン選手は、「高校生でプロの貴重な経験ができる。プロは勝利が一番大事。貢献したい」と意気込みを語った。25日の千葉ジェッツ戦に出場する見込みだ。

 「自信がなかったら挑戦していない」と河村。「それはB1でプレーが通用するという自信ではなく、どんな壁にぶつかっても挑戦する自信」と説明した。

 三遠の前身がbjリーグだった時代に監督を務めた中村和雄氏の紹介や、福岡第一高の井手口孝監督が三遠幹部と知り合いだったなどの縁で、入団を勧められたという。昨年末の全国高校バスケットボール選手権大会(ソフトバンクウインターカップ)で優勝し、最優秀選手になった河村は、「自分もバスケットがない日々はダメな時間と思った。1月、2月はバスケットに打ち込める環境のところへ行きたい」とオファーを受けた。

 激しい防御とスピードが持ち味…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら