[PR]

 広島新庄は2014年以来2度目の出場を決めた。昨秋の県大会では最終回での一挙11得点などで2度の延長戦を制する粘り強さを見せた。中国大会では1年生左腕秋山が全試合で完投。失策は準決勝のみと堅守を見せた。迫田監督は「うちはしつこい攻めと抜け目のない守りで手ごわいと思う」と断言。主将の下(しも)は「出るからには優勝をめざして一戦一戦頑張る」。