[PR]

 中国で新型コロナウイルスによる肺炎が集団発生していることに関連し、ツイッターなどのSNS上で「関西空港から入国した武漢市の観光客から熱を覚知したが、検査前に逃げた」などとする情報が拡散した。関西空港検疫所は「事実ではなく、フェイクニュースだ。惑わされないようにして欲しい」と内容を全面否定している。

 中国語の書き込みを転載して日本語訳を書き込んだ体裁のものが多い。逃げた理由については「USJと京都へ遊びに行きたいから」などとしているが、同検疫所によると、24日夕までに関空では感染の疑いのある旅客は見つかっていないという。

 同検疫所によると、関空の検疫検査場では、日頃からサーモグラフィーで体表面の温度を調べる装置を使い、旅行者の発熱の有無を調べている。発熱などのある旅行者がいれば、検査場にある健康相談室で医師が診断し、新型コロナウイルスの感染が疑われれば医療機関を受診するように「勧奨」する。新型コロナウイルスが「指定感染症」の指定や、検疫法の検疫対象の感染症とされていないため、強制的な検査の実施などはできない。

 関空を運営する関西エアポートもツイッターで「一部のSNSで『武漢からの発熱症状のある旅客が、関西国際空港の検疫検査を振り切って逃げた』といった情報が拡散されていますが、このような事実はございません」と否定した。(川田惇史)