[PR]

 加藤学園が1996年の創部以来、春夏通じて初めて甲子園出場を決めた。新チーム結成以来、長身の右腕肥沼を中心に全員野球で勝ち上がってきた。昨秋の静岡県大会では強豪校を次々と破り、準優勝。東海大会では準決勝で県岐阜商に延長十回にサヨナラで惜敗した。主将の勝又は「甲子園に出ただけで満足せず、優勝を勝ち取る」と、まだ見ぬ頂点を意識して言葉に力を込めた。