[PR]

 24日午後7時ごろ、群馬県桐生市天神町3丁目のアパート駐車場付近で、「拳銃の発砲音のような音がした。男性が倒れている」と近くの住民から110番通報があった。群馬県警によると、倒れていたのはこのアパートに住む職業不詳喜原啓祐さん(51)で、市内の病院に救急搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。

 県警によると、喜原さんの頭と腹には銃で撃たれたような傷があった。現場からは不審な男が走り去る姿が目撃されており、県警は拳銃を使った殺人事件とみて、容疑者の行方を追っている。

 現場近くに住む20代の女性は午後7時ごろ、「爆竹のような音が1回聞こえた」と言う。女性の母親はその直前に、男性の怒鳴り声と別の2回の破裂音を聞いたという。「まさか銃だとは思わなかった。怖いし、不安」と話した。

 現場はJR桐生駅から北東に約2・5キロで、群馬大桐生キャンパス近くの住宅地。(森岡航平、山崎輝史)