[PR]

 中国湖北省武漢市などで新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、フランスでも24日に3人の感染者が確認された。同日、仏保健省が明らかにした。欧州で感染が確認されるのは初めて。

 ビュザン保健相と同省によると、感染者のうち1人は48歳の男性で、中国の武漢に滞在していた。22日にフランスに帰国して23日に入院。24日に感染が確認された。命に別条はないという。仏南西部ボルドーの病院で隔離されている。帰国後10人前後と接触したといい、保健省が確認のため連絡を取っている。

 残る2人の感染者は近親者同士で、パリの病院に入院している。2人とも中国に渡航していたという。

 仏外務省によると、在武漢の仏総領事館は、交通機関が停止されている同市に滞在するフランス人向けに、街を脱出するためのバスの運行を検討しているという。

 仏メディアによると、武漢には仏自動車大手ルノーのほか、プジョーやシトロエンを傘下に持つ仏グループPSAが進出しており、約500人のフランス人が滞在している。(パリ=疋田多揚)