[PR]

 23日午後7時15分ごろ、愛媛県宇和島市津島町増穂の牛の調教場で、近くに住む飼い主の三曳孔文(みつびきよしとも)さん(64)が倒れている状態で発見された。知人の男性が119番通報し、病院で死亡が確認された。宇和島署は闘牛用の牛に突かれた可能性があるとみて、死因などを調べている。

 署によると、三曳さんは屋外の調教場で倒れており、肋骨(ろっこつ)などを骨折していた。近くには木にロープでつながれたオスの「喝王」(7歳、約900キロ)がおり、この牛に突かれたとみられる。

 三曳さんは調教場から100メートルほど離れた牛舎で、闘牛用の牛を4頭ほど飼育していた。これまでに闘牛大会に何度も出場し、地元で著名な飼い主だったという。