[PR]

 45~48歳の団塊ジュニアを対象にしたインターネット調査では、世代の損得意識について、バブル世代との比較だけでなく、若い世代との比較でも聞いた。若い世代と比べて「損をしている」と思う人が多かった項目は「ワーク・ライフ・バランス」。「どちらかといえば」を合わせて58%が「損をしている」と答えた。

 都内の会社で管理職を務める男性(45)は今、上下の「板挟み」に悩む。

 着実にキャリアを重ね、子どもの進学も順調。自宅マンションのローンもあと5年で完済する。「同世代の中ではいい人生を送っている方だと思う」

 でも上下の世代と比べると、話…

この記事は有料会員記事です。残り806文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り806文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り806文字有料会員になると続きをお読みいただけます。