[PR]

 雪不足で開催が危ぶまれていた魚沼市の「魚沼国際雪合戦」は、雪がなくても雪玉の代わりにソフトテニスボールを使って開催することになった。実行委員会は「今後、十分な雪が降れば従来通りだが、雪不足が解消しなくても大会を続けるための両面作戦」という。

 32回目となる今年の大会は2月9日に市内の「響きの森公園」で開かれる。すでに県内外の約200チームが参加を申し込んでいるが、会場は積雪がほとんどなく、周辺からの雪の搬入も難しい。今後も十分な降雪は期待できないとして、小出商工会の青年部を中心とする実行委員会が代替案を検討してきた。

 青年部メンバーはソフトテニスボールでの開催に備え、事前に「予行演習」を行い、安全確認なども行うという。青年部の岡部圭助部長は「昨秋には市内でクマの出没が相次いだため中止になったイベントもあり、雪合戦は続けたかった。どんな大会になっても楽しんでもらえるようにしたい」と話している。

 南魚沼市では同時期の2月8、9日に魚野川河川敷で予定されていた「雪まつり」の中止が決まっている。かまくらなどをつくるだけの雪がない。例年約1万3千人が訪れ、今年で70回目となる恒例行事だったが、中止は初めてという。(荒海謙一)