[PR]

 愛知県刈谷市野田町の市道交差点で24日午前10時20分ごろ、男性警備員から「車と接触した作業員がマンホールに落下した」と119番通報があった。深さ約3・2メートルのマンホールの底から男性作業員が救助、病院に搬送されたが、頭を強く打ち、死亡した。

 亡くなったのは、武豊町山ノ神の会社員林輝昌さん(47)。刈谷署によると、林さんは事故当時、ヘルメットを着用し、マンホール内の下水管を1人で清掃していた。交差点の横断歩道内にあるマンホールから頭を出したところ、右折してきた乗用車の底部と頭が接触したという。現場の南側で男性警備員が交通誘導をしていたが、車は北側から交差点に進入した。囲いなどは設置されていなかったという。