【動画】中国で猛威を振るう新型肺炎。日本国内でも感染が確認された。心がける三つのポイントは?
[PR]

 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎について、厚生労働省は25日、旅行でやってきた武漢市在住の30代女性の感染を確認したと発表した。国内で感染が確認されたのは3人目。

 厚労省によると、女性は家族ら3人とともに武漢市から18日に来日。このときは症状がなかったが、21日夜から熱とせきが出た。23日に東京都内の医療機関を受診したところ、軽い肺炎の症状がみられた。医療機関から報告があり、東京都が検査した結果、25日に感染が確認された。

 女性の症状は軽く、宿泊先の都内のホテルで静養している。現時点で同行者3人と、医療従事者、ホテルの従業員で症状のある人はいないという。女性は症状が出てから医療機関を受診するまで都内を観光していたが、移動のときはマスクを着けており、他者への感染リスクは低いという。

 女性の話では、患者が多く出ている武漢市の海鮮市場には立ち寄っておらず、中国での肺炎患者との接触は確認できていない。