拡大する写真・図版高度安全病床について説明するりんくう総合医療センターの倭(やまと)正也感染症センター長=23日午後、大阪府泉佐野市、高橋一徳撮影

[PR]

 中国・武漢市で発生した新型肺炎をひきおこすコロナウイルスは、日本でも広がるのか。25日からの春節にともない日本を訪れる中国人観光客が増えるなか、医療機関では国内で感染者が相次ぐ事態に対する備えが進められている。

 中国との路線が数多くある関西空港から車で20分以内の距離にある、りんくう総合医療センター(大阪府泉佐野市)。未知の病原体による新感染症が発生した場合にも、患者の入院を担当する「特定感染症指定医療機関」に、西日本で唯一、感染症法で指定されている病院だ。普段から感染症の疑いがある海外からの旅行者を頻繁に治療し、スタッフは訓練や研修を重ねている。

 今回の新型コロナウイルスのために特別に新しいことはしていないが、倭(やまと)正也・感染症センター長は「昨年末以降、職員には情報共有を徹底している」と話す。

拡大する写真・図版りんくう総合医療センター=大阪府泉佐野市

 同センターでは外来や救急で使…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら