[PR]

 アフガニスタンで人道支援に取り組み、昨年12月に現地の武装集団に殺害されたNGO「ペシャワール会」(福岡市)現地代表、中村哲(てつ)医師(享年73)のお別れ会が25日、福岡市の西南学院大学で開かれた。多くの人が集まり、中村さんの死を改めて悼んだ。

 会場内には中村さんの遺影とともに、一緒に犠牲になったアフガン人の運転手や警備担当の5人の遺影が飾られた。多くの市民のほか、バシール・モハバット駐日アフガン大使も参列。会場となった約900人収容のチャペルはすぐに満席となり、入りきれない人たちが長蛇の列を作った。

 ペシャワール会の村上優会長は「中村さんの精神、魂は今でもそれぞれの心の中に強く大きく存在している」とあいさつ。中村さんの意志の共有と、現地活動への支援の継続を訴えた。

 長女の秋子さん(39)は遺族を代表してあいさつし、「私は今まで父のやってきたことに携わってきませんでしたが、これからは少しでもお役に立てれば。それが父の弔いにもなると思います」と話した。三女の幸(さち)さん(27)が友人とともにピアノを演奏する中、参列者たちがバラを遺影に手向けた。

 中村さんは戦乱で荒廃したアフガニスタンで医療支援や灌漑(かんがい)事業などに長年尽力。アフガン政府から勲章や名誉市民権を授与されるなど、現地でも高く評価されていた。昨年12月4日にアフガン国内を移動中に武装集団に銃撃され、一緒にいた運転手や警備員ら5人とともに殺害された。(佐々木亮)