[PR]

 フランスの女性騎手が、日本の地方競馬で騎乗を始める。ミカエル・ミシェル(24)が地方競馬全国協会(NAR)の短期免許を受け、27日から騎乗する川崎競馬場で記者会見を開いた。将来的には日本でずっと活躍したいという夢を持っている。

 昨年8月、日本中央競馬会(JRA)の国際騎手招待レース、ワールドオールスターの一員に選ばれ、14人中総合3位の成績を残した。「1勝できたし、あの時のことを再現したくて」と再来日を決断した。今回の来日では川崎をはじめ大井、船橋、浦和の南関東を中心に3月末まで騎乗するが、地方競馬の女性騎手が出場するレディスヴィクトリーラウンド(LVR)2020への参加も決まった。LVRは2月4日に高知、同22日に佐賀、3月12日に名古屋競馬場で開催される。

 短期免許は、1年のうち最大3カ月騎乗できる。NARで短期免許の騎手がレースに騎乗するのは29人目で、女性騎手では7年ぶり3人目になる。

 将来的には同じフランス人のク…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら