[PR]

 遊牧民族の音楽を楽しむイベントを北海道のNPO法人が各地で開いている。県内では25日、「遊牧文化祭」と題し、岡山市北区のモンゴル料理店「青空アイル」で開催。参加者は伝統楽器の馬頭琴やドンブラの演奏に挑み、遊牧民の暮らしや文化の一部に触れた。

 主催はNPO法人「北方アジア文化交流センターしゃがぁ」。コンサートなどで遊牧文化を知ってもらい、知恵や経験を共有しようと各地を回っている。

 モンゴルの楽器・馬頭琴は2本の弦を弓でこすって音を出す。弦と弓の材料には馬の尾を使い、馬の頭部が彫刻されている。ドンブラも2弦だが、つま弾く楽器。カザフスタンを中心に中央アジアで暮らすカザフ人が伝えている。

 この日はNPOの西村幹也理事…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース