「首都圏の空」に占領の名残 五輪を機に…進まぬ交渉

有料会員記事

編集委員・佐藤武嗣贄川俊
[PR]

 「五輪で東京に民間機が集中する。五輪期間中に、米軍横田基地を民間機も共同使用できないだろうか」

 日本政府が米軍にこう打診したのは、昨年のことだった。

 米軍の運用などを協議する「日米合同委員会」の下部組織「民間航空分科委員会」でのことだ。

 だが、米軍幹部は「そんな交渉はしない」と突っぱねた。

 「東京五輪に米軍も真剣に協力しているイメージが出る」と促しても、米軍幹部は首を横に振り、「日本には何か、将来への下心があるのではないか」とも語った。

 在日米軍司令部がある米軍横田基地(東京都)に民間機が乗り入れる「軍民共用化」は、2003年に当時の小泉純一郎首相がブッシュ米大統領に検討を要請。06年の日米の米軍再編合意でも「軍民共同使用の具体案を検討」と明記された。当時の石原慎太郎東京都知事が強く求めていた。

ここから続き

 だが、航空自衛隊航空総隊司…

この記事は有料会員記事です。残り1250文字有料会員になると続きをお読みいただけます。