[PR]

 横浜市のみなとみらい(MM)21地区にある「みなとみらいトンネル」の中で25日、「津波注意報」を告げる横浜市の緊急放送が誤って流された。実際には注意報は発令されていない。市は取材に、「放送設備のスイッチが誤って入った」と説明している。

 みなとみらいトンネルは延長約1・3キロで、同市中区の新港サークルウォーク付近と西区のみなとみらい橋付近を結ぶ。パシフィコ横浜などが並ぶ海岸付近にあり、週末のこの日、周辺は観光客で混雑した。

 横浜市危機管理室によると、市のコールセンターに25日正午すぎ、「トンネルを走行中にFMを聴いていると津波注意報の音声に変わった」と電話があった。同種通報が4件あったという。別のドライバーによると、同日午後4時半ごろ、トンネルに入るとニッポン放送の番組が「津波注意報」放送にかわった。「驚いた。多くの人が勘違いして危険だ」と話す。

 記者は確認のため午後5時台に…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら