【動画】防災訓練に大きなしし鍋が登場した=笠原雅俊撮影
[PR]

 南海トラフ地震を想定した小中学生の防災訓練が26日、高知県四万十市国見の東中筋小学校であった。イノシシ2頭分の肉が入った「しし鍋」を使った炊き出し訓練もあり、子どもたちが真剣に取り組んだ。

 訓練には、同小と東中筋中学校の約90人の児童・生徒が参加した。今年は初めて、日ごろから防災活動を続けている地元の県立中村高校の生徒会のメンバー8人が講師役で参加した。

 高校生は地震にまつわるクイズを出したり、防災グッズの準備の大切さを説明したりした。2年の土居弥生さん(16)は「みんな一生懸命に聞いてくれてうれしかった」と話した。

 しし鍋には、猟師が捕獲したイ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら