[PR]

 滋賀県産野菜をふんだんに使った、家庭で気軽に食べられる料理のコンテスト「滋賀めしメニューコンテスト」の最終審査会が26日、草津市であった。今年度が2回目。105点の応募の中から最高評価のグランプリ(金賞)には彦根総合高校2年生の藤井美依奈(みいな)さん(17)が考案した「トマトのパイ包み焼き」が選ばれた。銀賞2点と銅賞2点、佳作4点も決まった。

 藤井さんの料理は、くりぬいたトマトに刻んだタマネギやニンジン、マッシュルーム、ひき肉などを詰めてパイシートで包み、オーブンで焼いた一品。「いつもトマトのことばかり考えていた。これからも料理を頑張りたい」と喜んだ。

 受賞メニューの中から、協賛したスーパーの平和堂が総菜化を検討するという。

 厚生労働省は、健康のために1…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら