[PR]

 西日本豪雨で大きな被害を受け、昨年10月、約1年3カ月ぶりに全線で運転を再開したJR芸備線。四季折々の沿線や、復興の様子を切り取った写真展が、広島市西区の古書店で開かれている。2月2日まで。

 写真展は、芸備線や井原鉄道、福塩線、木次線、旧三江線とその沿線などを紹介する「ローカル線で行こう!鉄旅ガイド」(A5判128ページ、南々社刊、税別1200円)の出版を記念した催し。著者のライターやまもとのりこさん(55)が「景色の素敵さや現地の文化を知ってもらい、多くの人に乗ってほしい」と企画した。

 25日、JR横川駅近くの古書店「本と自由」には、写真愛好家ら3人が撮った芸備線の写真約100枚が掲げられた。広島市安佐北区の女性(42)は「味わい深い写真で、ふらっと乗ってみたくなる魅力がある」と話した。

 この日、写真を提供した山岡亮…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース