[PR]

 中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎で、厚生労働省は26日、団体のツアー旅行で来日し、愛知県を含む複数の府県に滞在していた武漢市在住の40代男性の感染を確認したと発表した。国内での感染確認は4人目。

 厚労省によると、男性は22日にツアー旅行で武漢市から来日。このときは症状がなかったが、23日夜に発熱し、24日には関節の痛みも表れたため、愛知県内の医療機関を受診した。X線検査などで肺炎の症状が確認されたため入院し、26日に国立感染症研究所が新型コロナウイルスによる感染症と確認した。26日時点も発熱はあるものの、容体は安定しているという。

 男性は、患者が多く出ている武漢市の海鮮市場には立ち寄っていないと話しているという。中国での肺炎患者との接触は確認できていない。男性は家族2人とツアー旅行に参加。日本国内では、男性を含む参加者28人とガイド1人が空港からバスで移動していた。男性は移動時にはマスクを着けていたという。男性と家族を除くツアー参加者は28日に帰国する予定。