拡大する写真・図版東京五輪・パラリンピックのため、陸上のサブトラックに改修されている神宮外苑の軟式野球場(右端)。左上が新国立競技場=2019年7月、東京都

[PR]

 東京・明治神宮外苑地区の再開発に伴い、草野球で利用されてきた軟式野球場が取り壊されることがわかった。現在は東京五輪・パラリンピックに向けて使用できなくなっている。大会後にいったん野球場に戻したうえで、2023年に解体して広場にする計画だ。

 野球場を所有する明治神宮によると、一般利用者への貸し出しが始まったのは1952年。天然芝と人工芝の野球場が計6面あり、五輪・パラリンピックの陸上のサブトラックに改修される2019年までは、試合や練習などで年間約4千件の利用があった。担当者は「学生や企業の利用が多かった。全体の再開発のためにやむなく廃止する」と説明する。

 何度も利用したことがあるという男性は「都心で軟式野球ができる場所は少なかったのでなくなるのは困る」と話す。プロ野球の選手が神宮球場での試合前などに利用することもあった。

拡大する写真・図版軟式野球場ではかつて、プロ野球選手による野球教室も開かれた=2014年、東京都

 再開発を担うのは三井不動産、…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら