【動画】武漢市中心街の様子(1月26日撮影)=武漢市の在留邦人提供

拡大する写真・図版中国武漢市のスーパーで25日、マスクとゴーグルで顔を覆い、手袋をしてセルフレジを使う買い物客=AP

[PR]

 中国の湖北省武漢市を中心に新型コロナウイルスによる肺炎が広がっている問題で、中国国家衛生健康委員会は27日、湖北省でさらに24人が死亡し、全国の死者は計80人になったと発表した。感染者も全国で769人増えて計2744人に達し、ほかに5794人に感染の疑いがあるとした。

 中国政府は27日、全国的な感染の拡大を受け、今月30日までだった春節(旧正月)の休日を2月2日まで延長すると発表した。各地の幼稚園や小中高校、大学の授業再開も延期される。

 一方、中国中央テレビによると、武漢市の周先旺市長は26日夜に記者会見し、「春節や感染症の影響で、およそ500万人余りが武漢市を離れた」と語った。武漢市は人口約1100万人で、政府が感染拡大を避けようと住民の移動を規制するなか、すでに多くが市外に出ていたことになる。

【動画】中国で猛威を振るう新型肺炎。日本国内でも感染が確認された。心がける三つのポイントは?

 周氏はまた、武漢市で確認済みの感染者500人超に加え、「さらに1千人ほど増える可能性がある」とも語った。会見に同席した湖北省の王暁東省長は感染の拡大について「責任を感じている」と謝罪した。(北京=高田正幸)

拡大する写真・図版横浜の中華街で25日、マスク姿でパトロールする警察官=AP

■新型コロナウイルスによる肺炎…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら