拡大する写真・図版サーフィンと出会って数年が経った頃の佐賀亜光さん(後列中央)ら。サーフィンを教えてくれた全米トランポリンチャンピオンと一緒に写真におさまった=1960年代前半、神奈川県藤沢市、佐賀さん提供

[PR]

 今夏の東京五輪で、初めてサーフィンが正式に競技として採用される。「同じものは二つとない」といわれる波をつかみ、ボードで乗りこなす。ハワイ育ちのこのスポーツに日本で最初に胸躍らせたのは、半世紀以上前の若者たちだった。

 日本での始まりは、湘南の海といわれる。

 1961(昭和36)年7月、神奈川県藤沢市の鵠沼(くげぬま)海岸。湘南学園高校生だった佐賀亜光(つぐみつ)さん(76)は友人と海に泳ぎに行った。

 鵠沼では、「板子乗り」という遊びが知られていた。長さ90センチ、幅35センチほどの板に腹ばいになり、波に乗って岸へ向かう。佐賀さんも幼い頃から親しんだ。

拡大する写真・図版サーフィンを楽しんでいた佐賀亜光さん(左端)ら。時代の最先端だった=1960年代前半、神奈川県藤沢市、佐賀さん提供

 高校生になって、米国のTV映画やドラマでサーフィンを知った。「立って乗るのか!」と憧れた。

 そんな17歳の夏、サーフィン…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら