[PR]

 27日午前9時40分ごろ、東京都渋谷区恵比寿3丁目の6階建てマンションで、1階エントランスの鉄製のひさしが落下し、補修工事の点検中だった50代の男性作業員2人が下敷きになった。いずれも病院に搬送されたが、1人はまもなく死亡が確認され、もう1人も負傷しているという。

 渋谷署などによると、落下したひさしは縦約3メートル、横約2・4メートル、厚さ約30センチで、地上から約2・6メートルの位置に設置されていた。2人を含む男性作業員3人でひさしを点検していたといい、警視庁は当時の状況を詳しく調べている。

 現場はJR恵比寿駅から東に約1キロの住宅街。