[PR]

 自民党の河井案里参院議員の陣営が昨夏の参院選で党本部から1億5千万円の資金を受け取った問題で、安倍晋三首相(同党総裁)は27日、「一般論として党本部から党支部への政治資金の移転は問題ないと認識している。個別の事例については答弁を差し控えたい」と述べ、詳細な説明を避けた。衆院予算委員会で野党統一会派の江田憲司氏(無所属)の質問に対して答弁した。

 首相は「自民党の政治活動について、首相の立場で答えるのは差し控えたい」とした上で発言した。

 河井氏側が受け取った選挙資金…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら