[PR]

 1冊の厚さ約2・5センチ、総ページ数は千ページ余り。そんな分厚い時刻表を集め続け、まもなく40年になる男性がいる。スマートフォンなどですぐに検索できるのに、いまだに時刻表に魅せられるのはなぜなのか。

JTB時刻表にこだわり

 公共交通機関のダイヤを掲載している「JTB時刻表」を毎月欠かさず購入しているのは、東京都の会社員・鈴木哲也さん(51)。

 きっかけは小学1年生のときにさかのぼる。自宅のこたつにあった小型の時刻表を不思議そうに見ていると、父が見方を教えてくれた。出発や到着の時刻だけではなく、目的地へ行く列車には特急や急行など様々なものがあり、色んなルートがあることを知り、のめり込んだ。

 中学生になり小遣いをもらい始…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら