[PR]

 安倍晋三首相は27日の衆院予算委員会で、選択的夫婦別姓をめぐって衆院本会議場でヤジが飛んだとして与野党が対立している問題について「不規則発言は、国会対策委員会の政党間のやりとりに対応をゆだねたい」と述べた。立憲民主党の大串博志氏の質問に答えた。

 今月22日の衆院本会議で代表質問に立った野党代表が選択的夫婦別姓について言及している際、議員席から「それなら結婚しなくていい」というヤジが飛んだとされる問題では、野党側が、発言したのは自民党の杉田水脈氏ではないかとして、与党側に確認を求めている。

 この日の衆院予算委で、大串氏は首相に「ヤジは飛んだのか。それは(自民党の)杉田水脈議員なのか」と質問。首相は「質問通告はいただいたが、ここに総理大臣として立っている。院内の不規則発言について、私が調査する、そしてコメントする立場にない」と答弁するにとどめた。