[PR]

 性的な行為の前に相手の意思を確認する「性的同意」の大切さを指摘する声が高まっています。「同意のない行為はレイプ」との主張もある一方で、実践には難しさも……。どう考え、どう同意を得ればいいのでしょうか。性的同意に詳しい2人に聞きました。(杢田光、田中ゑれ奈)

言葉にすれば盛り上がる

 〈会社員の高島菜芭(なは)さん(24)は大学時代、性的同意の大切さを伝える団体「Genesis(ジェネシス)」を立ち上げました〉

 性的同意について、ワークショップでは「交際前に告白するように、性的な行為の前に相手と両思いか確認すること」と伝えています。

 この考えを知ったのは大学時代、留学先のイギリスでした。友人との恋バナでも「同意はあったの?」と聞かれる。性被害をなくすために、そして相手と健やかな関係性を築く上でも、重要だと思い知りました。

 同時に、日本で性被害を受けた友人が「酔うのが悪い」「家に行くのが悪い」と責められていたのを思い出しました。加害者を後押しするような性の勘違いを変えていきたい、というのが活動の原点です。

 一昨年、京都市男女共同参画推進協会と冊子を作成。大学生約60人の声を反映し、「酔った勢いで、性行為に及ぶのは仕方ない」「家に泊まるのは、性行為をしてもいいというサイン」などの思い込みをチェックするリストも盛り込みました。

 これに対し、SNSなどで賛否の声が上がりましたが、一番多かったのは「雰囲気が壊れる」という反発でした。

反発の声を受けて、高島さんたちは、ある動画を作ります。その狙いとは? 後半には、児童自立支援施設で性教育を担当する、あかたちかこさんのインタビューが続きます。

 そこで、カップルの日常をスト…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら