[PR]

 兵庫県尼崎市の阪神高速神戸線で2018年11月、ポルシェのスポーツカーで暴走してトラックに衝突し、トラック運転手(当時70)を死亡させたとして、危険運転致死などの罪に問われた医師久保田秀哉被告(51)=同県芦屋市=に対する裁判員裁判の判決が27日、神戸地裁であった。小倉哲浩裁判長は「被告の運転行為は極めて非常識かつ危険」として懲役8年(求刑懲役10年)を言い渡した。

 判決によると、久保田被告は18年11月25日、阪神高速神戸線上りで、BMWに追い抜かれて追走し、制御困難な時速216キロでカーブに進入し、前方を走っていたトラックに衝突して運転手を死亡させた。久保田被告は当時、スピード違反で運転免許取り消し処分を受けて無免許運転だった。

 弁護側は「カーナビ操作による脇見運転が原因」として、危険運転致死罪は成立しないと主張。判決は「不安定な状態でカーナビの操作をしていたとは考えにくい」として退けた。