[PR]

 低気圧と寒気の影響で、関東甲信は28日にかけて、山沿いを中心に大雪となり、東京23区でも雪が降る見込みだ。気象庁は、降雪による交通の乱れや路面の凍結などへの注意を呼びかけている。

 気象庁によると、28日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、群馬県15~40センチ、山梨県と長野県15~30センチ、栃木県5~30センチ、神奈川県3~25センチ、埼玉県5~20センチなど。東京都は多摩西部(青梅市など)20センチ、多摩南部(八王子市など)10センチ、多摩北部(立川市や狛江市など)5センチ、23区は2センチとなっている。

 関東甲信では28日朝以降、平野部から次第に雨に変わるが、山沿いの一部では同日夜にかけて雪が降り続く見込み。23区でも、予想より気温が低くなった場合は大雪になる恐れがあるという。

 降雪予想を受け、JR東日本は27日、首都圏と山梨、長野県方面を結ぶ中央線特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」について、28日午前のほぼ全便と午後の一部の便を運休させることを決めた。青梅線の青梅―奥多摩間は始発から運転本数を通常のほぼ半分に減らす予定という。