[PR]

 四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)のトラブルが収まらない。制御棒の引き上げ、核燃料の接触、電源の一時喪失。四電は謝罪を繰り返すが、県内では安全性への不安が高まっている。

 四国電力の長井啓介社長は27日、愛媛県庁に中村時広知事を訪ね、伊方原発で相次いでいるトラブルについて謝罪した。中村知事は原因究明と再発防止策の徹底のため、当面、原子力本部長が発電所に常駐して指揮をとるよう求め、四電側も了承した。

 長井社長は山田研二原子力本部長を伴い、中村知事と面会した。「年初以来トラブルが続いており、深くおわびを申し上げます」と頭を下げて謝罪。「全身全霊を傾けて、原因究明、対策の検討にあたる」と述べた。

 これに対し、知事は「県民の不…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら