[PR]

 山口県萩市が発注した二つの公共工事の契約に関する情報を漏らしたなどとして、県警は27日、萩市情報政策課長の斉藤宜知(のぶとも)容疑者(48)=同市椿東=を官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕し、発表した。

 また、斉藤容疑者と共謀し、この情報を受け取り契約の公正を害したとして、同県宇部市の電気通信工事会社「エフテック」社長、吉長敏朗容疑者(65)=同県山陽小野田市=と同社の萩営業所長、藤本正登容疑者(63)=同県宇部市=を公契約関係競売入札妨害の疑いで逮捕した。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 捜査2課によると、斉藤容疑者は2019年3月1日、市役所本庁舎の電源装置の交換工事の随意契約をめぐり、最低金額の見積書を出しているのが競合他社だと藤本容疑者に伝え、より低額の見積書を出すよう指示。同月4日に65万円の見積書を再提出させ、契約を結んだ疑いがある。

 また、斉藤容疑者は昨年3月20日、市総合福祉センターのネットワーク環境整備工事の随意契約で、参加業者の情報を吉長容疑者に伝えた疑いがある。この工事は同社が2650万円で受注したという。

 萩市によると、斉藤容疑者は2018年4月に、同課長に就いた。(山崎毅朗)