[PR]

 インタファクス通信によると、ロシア外務省は27日、ロシア極東ウラジオストクで昨年12月、「ロシアの軍事能力に関する機密資料」を入手しようとしたとして、ジャーナリストビザで入国した日本人男性1人を一時拘束したと発表した。男性はその後解放され、翌日日本に帰国したという。

 同省の説明によると、ロシアの治安当局者が昨年12月25日、この男性が機密を得ようとしている現場を確認し、拘束。違法行為であると警告し、72時間以内の国外退去を命じたという。同通信によると、ロシア外務省は1月27日、モスクワの日本大使館側に抗議したという。(モスクワ=石橋亮介)