[PR]

 低気圧と寒気の影響で関東甲信では28日朝、山沿いを中心に平野部でも雪が降っている。東京23区は大雪の恐れがなくなり、平野部も昼前から次第に雨となる見込み。

 気象庁によると、関東甲信では山沿いを中心に27日夜から雪が降り始め、28日午前6時までに山梨県富士河口湖町で30センチ、埼玉県秩父市で9センチの積雪を観測。埼玉県熊谷市や前橋市でも一時、雪が積もった。東京都心や横浜市では積雪を観測していない。

 同庁によると、29日午前6時までに予想される24時間降雪量は、栃木県5~40センチ▽群馬県2~30センチ▽山梨県15センチ▽長野県5~15センチ▽神奈川県1~8センチ▽埼玉県3~5センチとなっている。

 甲信の山沿いと関東の平野部の一部では28日昼前にかけて大雪になり、関東北部の山沿いでは28日夜から29日明け方にかけて大雪になる見込み。