拡大する写真・図版アウシュビッツ強制収容所の解放75年の式典で演説する元収容者のマリアン・トゥルスキさん=ロイター

[PR]

 ポーランド南部オシフィエンチムで27日、ナチス・ドイツが第2次大戦中につくったアウシュビッツ強制収容所が解放されて75年の式典があり、生き延びた高齢の元収容者200人以上が出席した。ユダヤ人の大量虐殺(ホロコースト)の惨劇を「二度と繰り返してはならない」。そう語る元収容者の生の声を後世に伝えられる時間はもう、限られている。

 式典は、収容所の跡地で行われた。かつて「ユダヤ人の絶滅」のため、収容者を欧州各地から運んだ列車が進入した「死の門」を巨大なテントで囲み、参加者が席を並べた。

拡大する写真・図版アウシュビッツ強制収容所の解放から75年を迎え、ポーランド南部オシフィエンチムで27日開かれた式典=AFP時事

 ドイツのシュタインマイヤー大統領やイスラエルのリブリン大統領ら、約50カ国の首脳や国王らも招かれた。しかし、地元ポーランドのドゥダ大統領以外に各国首脳のあいさつはなく、4人の元収容者や関係者が登壇し、演説した。

 「次の節目の記念日に私は生きていないだろう」。ポーランド出身のマリアン・トゥルスキさん(93)は、そう語り始めた。

 ナチスが1945年1月、戦況…

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/12まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら