[PR]

 28日午前10時10分ごろ、大阪府熊取町朝代西2丁目の京都大学複合原子力科学研究所のイノベーション棟で、「煙が出ている」と119番通報があった。泉州南広域消防本部などによると、研究用設備のケーブルの一部が焦げたという。漏電とみられる。けが人は無かった。

 研究所によると、イノベーション棟は、研究用原子炉がある建物とは別の建物で、放射性物質は扱っていないという。放射線モニターにも異常はなく、放射線漏れも確認されていないという。