[PR]

【答える人】二藤隆春さん 埼玉医科大総合医療センター准教授(耳鼻咽喉科)

 67歳女性。この7年間で3回、急性喉頭(こうとう)蓋(がい)炎を発症して入院しました。深夜に突然のどが痛んで腫れ始め、翌朝にはつばをのみ込むのがやっとになりました。この病気は繰り返すものなのでしょうか。根本的な治療法や予防法があれば教えてください。(横浜市・N)

 Q どんな病気ですか。

 A 空気の通り道である気管の入り口の喉頭蓋が炎症をおこして腫れる症状がでます。つばものみ込めなくなるほどの強いのどの痛みが特徴です。喉頭蓋は、食べたり飲んだりしたものが気管や肺に入らないためのふたの役割をしています。腫れて気管が塞がれることで、呼吸ができなくなり、窒息して死に至ることもある怖い病気です。急激に悪化する場合があり、特に注意が必要です。

 Q 原因は何ですか。

 A 様々な細菌による感染が原因とされています。喉頭蓋は、のどの奥の方にあり、口を開けて見ただけではわからないため、のど風邪とされてしまうことがあります。診断には内視鏡で検査をする必要があります。いつもの風邪とは違う強い痛みを感じたら、耳鼻咽喉(いんこう)科か救急科を受診してください。

 Q どう治療しますか。

 A 抗生物質とステロイド剤を点滴します。食事をとるのが難しくなりますし、のどの様子を定期的にみる必要があるため、入院をお勧めします。数日から1週間ほどで腫れは抑えられます。窒息の恐れがある場合には、空気の通り道を作るために一時的に気管切開や気管挿管をします。

 Q 何度も再発しますか。

 A 一般的には、再発するとは言われていません。ただ、扁桃(へんとう)や喉頭蓋付近にできた囊胞(のうほう)が炎症を起こし、喉頭蓋まで広がったようなタイプでは、何度も繰り返すことがあります。腫れが治まったら、扁桃や囊胞の切除を検討してもよいでしょう。急性喉頭蓋炎の根治法は確立されていません。予防には、マスクの着用や手洗い、うがいの徹底を心がけてください。

    ◇

質問には連絡先を。回答は紙面に限ります。

【メール】 kenko@asahi.comメールする

【郵便】   〒104・8011 朝日新聞科学医療部

【ファクス】 (東京)03・3542・3217

       (大阪)06・6201・0249

<アピタル:どうしました・その他>

http://www.asahi.com/apital/healthguide/hatena/