[PR]

 中国・武漢市(湖北省)で発生した新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、日本政府は現地邦人の帰国支援のために用意するチャーター機の第1便を28日夜に派遣する最終調整に入った。茂木敏充外相が記者団に明らかにした。約200人が搭乗し、帰国は29日午前になる見通しだ。

 政府は当初、28日午前に出発させる方向で調整していた。日本政府関係者によると、中国側の受け入れ態勢の事情だという。茂木氏によると、28日朝時点で帰国希望者は約650人。第1便は中国到着後、29日午前に現地を出発して午前のうちに帰国する予定だという。第2便も派遣する方向だが、29日以降の日本出発となる見通し。