写真・図版

[PR]

 母乳や性交渉で感染する「ヒトT細胞白血病ウイルス1型」(HTLV―1)は白血病のほか、脊髄(せきずい)や目の病気の原因になる。国が対策を打ち出してから10年。母から子への感染を防ぐ対策は進んだが、病気の早期診断や感染者への支援、治療法の開発など残された課題は多い。

 千葉県内の30代女性は10年前、目がかすんで物が見えづらくなった。県内の病院で、眼球に炎症が起きる「ぶどう膜炎」と診断された。感染症やリウマチなどの自己免疫疾患が原因の病気で、飛蚊(ひぶん)症や霧がかかったように見える症状が出て、最悪の場合失明するおそれもある。

 女性は検査を受けたが、担当医から「原因はわからない」と言われた。ステロイドで炎症を抑える治療を受けたが、発症を繰り返した。不安に思い、2015年2月、専門外来がある東京医科歯科大病院(東京都文京区)を受診。血液検査でHTLV―1の感染が原因だとわかった。

 HTLV―1は主に母乳で母親…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら