拡大する写真・図版三菱電機の本社が入るビル=2020年1月20日午前11時57分、東京都千代田区、田辺拓也撮影

[PR]

記者解説 須藤龍也・編集委員

記事のポイント

◆高度な技術と組織力で標的を狙うハッカー集団。太刀打ちするのは難しい

◆「サイバー戦争」の最前線。中国政府の産業政策に呼応する様子も

◆抑止力に乏しい日本。攻撃に備えるため、官民で情報共有が求められる

「特注品」で攻撃された三菱電機

 三菱電機に対する大規模なサイバー攻撃で、個人情報や企業の機密情報が流出した恐れがある問題は、今も全容が明らかになっていない。

 攻撃には、少なくとも二つの中国系ハッカー集団の関与が浮上している。過去10年間に受けたサイバー攻撃を三菱電機が調べたところ、さらに二つの中国系集団の影がちらついた。

 彼らは何者で、何が狙いなのか。

 ハッカー集団は一般的に、技術…

この記事は有料会員記事です。残り2191文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2191文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら