[PR]

 東京医科歯科大の三林浩二教授らのチームは、皮膚から出る生体ガスを見ることができるようにするセンサーを開発した。がんなどの病気になると特定のガスが皮膚から放出されることがわかっている。ガスを調べることで、血液検査に代わって健康状態を調べられるようになる可能性があるという。研究成果は米化学雑誌に掲載された。

 チームが開発したのは、皮膚から放出されるガスに酵素を結合させ、紫外線を当てることで発光させる仕組み。高感度カメラで光をとらえ、ガスの発生状況をみる。研究ではアルコールを飲んだ人の皮膚からアルコールのガスが放出されることを確かめた。

 病気の人は皮膚から特定のガスを出す。調べたい病気ごとにガスに反応する酵素を開発することで、病気を早期に発見することができる。血液を調べるこれまでの検査法と比べて患者の負担が減ることが期待できるという。

 チームが開発したセンサーは手など観測する部分に触れる必要がある。三林教授は「将来的には装置を通過するだけで病気を見つけられるゲートのような装置の開発を目指したい」と話している。論文はhttps://doi.org/10.1021/acssensors.9b01658別ウインドウで開きますで読める。(三上元)