[PR]

 大手映画4社で作る日本映画製作者連盟(映連)は28日、2019年の興行収入が2611億8千万円(前年比386億9千万円増)となり、現在の発表形式に変わった00年以降で過去最高になったと発表した。入場者も1億9491万人(同2570万人増)を記録した。1億9千万人を超えたのは、1971年以来48年ぶり。

 映連によると、邦画と洋画のシェアは54・4対45・6とほぼ前年並み。邦画と洋画を合わせた興収のトップは新海誠監督の新作アニメーション「天気の子」(140億6千万円、現在上映中)だった。また、洋画の1位はディズニーアニメの続編「アナと雪の女王2」(127億9千万円、同)だった。邦画上位10作のうち東宝関連が7作、洋画上位10作のうちウォルト・ディズニー・ジャパンの配給が6作を占めた。

 映連の岡田裕介会長(東映グル…

980円で月300本まで有料記事を読めるお得なシンプルコースのお申し込みはこちら